【徹底比較!】障害者として働く選択肢 ~働き方の特徴・条件・配慮・探し方~ | 障害者の就労支援・情報サイト【凸凹ナビ】

【徹底比較!】障害者として働く選択肢 ~働き方の特徴・条件・配慮・探し方~

凸凹ナビ編集部凸凹ナビ編集部

作成日 2017/03/14 更新日2018/03/29 19,654views

凸ちゃん
あなたは働きたいと思いますか?
凹ちゃん
なぜそう思いますか?

就職活動で障害をオープンにするか、クローズにするかによって働き方の選択肢が変わります。
オープンにする場合には、「一般就労の障害者雇用」か「福祉的就労」という働き方があります。
クローズにする場合には、障害のない人と同じ働き方をすることになります。

障害者として働く方法について、法律や制度や給与の条件を比較しながら見ていきましょう。

障害者として働くって?

障害者雇用の見取り図
凸ちゃん
障害者雇用ってお給料が安かったり、つまらない仕事しか任せてもらえないんじゃないの?
なんか、嫌だなぁ。障害を隠して就職できないかなぁ。
凹ちゃん
ぼくの叔父さんがタクシー会社の社長なんだけど「障害者でもなんでも、運転できる人ならいいよ!」っていってたよ。お給料も変わらないんだって。
凸ちゃん
そういう仕事もあるのかぁ。けど、障害者雇用って、なんか気がすすまないなぁ。
凹ちゃん
叔父さんはいつも「職業に貴せんなし」っていっているよ。
どんな仕事でも必要とされている役割をまっとうすることは、みんな尊いんだって。
仕事の内容でその人の価値って決まるの?
凸ちゃん
そうじゃないけどさ。ぼく、自信がないよ。自分にどんな仕事ができるのかわからないし・・・。
凹ちゃん
障害をオープンにした働き方と、障害をクローズにして伝えない場合の働き方について、それぞれの特徴を見てみようか。
いろいろな働き方があるみたいだよ!

障害をオープンにするか?クローズにするか?

障害をオープンにするのか、クローズにするのか。

障害をオープンにして働く場合と、クローズにして働く場合の就労の条件はどのように違うのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

障害をオープンにする就職活動

障害をオープンにして働くための就職活動は、障害者手帳を提示して、自分の障害について説明することが求められます。

手帳の提示 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(※地域によっては名称が異なる) が必要
障害についての説明 説明する必要あり
支援機関への登録 求められることがある
平均給与 身体障害者 平均月収22.3万円
知的障害者 平均月収10.8万円
精神障害者 平均月収15.9万円
(厚生労働省「平成25年 障害者雇用実態調査」より)
質問者の写真
自分の障害のことと、働くために配慮してほしいことを伝えましょう。

障害をクローズにする就職活動

障害をクローズにして働く場合の就職活動は、障害者手帳を提示したり、障害について説明したりする必要はありません。

手帳の提示 不要
障害についての説明 自分からいわない限りは求められない
支援機関への登録 求められない
平均給与 平均月収26.1万円
(厚生労働省「毎月勤労統計調査(平成25年10月)」より)
凹ちゃん
障害のことを伝えずに働くほうが、選択肢が多かったり、給与の条件が良かったりするかもね。けど、長く続けられるのかなぁ?

障害をオープンにした働き方の選択肢

一般就労にするのか、福祉的就労にするのか。

障害をオープンにした働き方には、企業や公的機関で「一般就労の障害者雇用」として働く方法と、社会福祉法人などで「福祉的就労」として支援をうけながら働く方法があります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

一般就労の障害者雇用

「一般就労の障害者雇用」とは、障害者手帳を持つ人が企業や公的機関で働くことを指します。
企業や公的機関は、一定率以上の障害者を雇用することが義務づけられています。
2018年4月からの法定雇用率は、企業は2.2%、官公庁や特殊法人は2.5%、教育委員会は2.4%です。
たとえば、従業員が100人いる企業は障害のある社員を2人以上雇う義務があります。
勤務形態や業務の内容は個別に異なります。

法律 障害者雇用促進法
雇用関係法など
手帳の提示 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(※地域によっては名称が異なる) が必要
障害についての説明 説明する必要あり
職場での配慮 合理的配慮をうけられる
支援機関への登録 求められることがある
平均給与 身体障害者 平均月収22.3万円
知的障害者 平均月収10.8万円
精神障害者 平均月収15.9万円
(厚生労働省「平成25年 障害者雇用実態調査」より)
凸ちゃん
企業で働くために、就労移行支援事業所で訓練をうけてから就職する人が増えているみたいだよ!

企業の特例子会社

企業の特例子会社で働くことも「一般就労の障害者雇用」に含まれます。
「特例子会社」は大企業が障害者を雇用するために設立した子会社です。
全国に約400社あります。

法律 障害者雇用促進法
雇用関係法など
手帳の提示 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(※地域によっては名称が異なる) が必要
障害についての説明 説明する必要あり
職場での配慮 障害者が働きやすい環境が整っている
支援機関への登録 求められることがある
平均給与 年収150万以上300万円以下が多い
(独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構『多様化する特例子会社の経営・雇用管理の現状及び課題の把握・分析に関する調査(2012年3月)』より)
凹ちゃん
特例子会社は障害者が集まって働く場所だから、支援や配慮をうけながら働くことができます。

福祉的就労

「福祉的就労」とは、障害者総合支援法にもとづく支援をうけながら働くことを指します。
雇用形態は就労継続支援A型(雇用型)と就労継続支援B型(非雇用型)の2種類があります。

法律 障害者総合支援法にもとづく訓練等給付
就労継続支援A型は雇用関係法に該当
就労継続支援B型は雇用関係法に非該当
手帳の提示 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(※地域によっては名称が異なる) が必要
障害についての説明 説明する必要あり
職場での配慮 障害者が働きやすい環境が整っている
支援機関への登録 求められることは少ない
平均給与 就労継続支援A型給与 月収6.7万円
就労継続支援B型工賃 月収1.5万円
(厚生労働省「平成27年度平均工賃(賃金)月額の実績について」より)
凸ちゃん
障害者が働きやすい環境で、支援をうけながら働くのが「福祉的就労」です。 お給料ではなく「工賃」といういい方をすることもあります。

障害者雇用の求人の探し方

一般就労の障害者雇用にはさまざまな業種・職種があります。仕事の内容も多様です。
自分に合った仕事を探すために、いろいろな切り口で求人を探してみてください。

勤務地から探す

「通勤時間は30分以内がいい」「JR●●●線の沿線で探したい」など、希望する勤務地から仕事を絞って選んでいく方法です。

職種から探す

「PCのスキルを活かして事務職で働きたい」「人に物やサービスを売る仕事がしたい」など、職種から仕事を選んでいく方法です。

業種から探す

「鍼灸の資格を活かして働きたい」「運送業で働きたい」など、業種から仕事を選んでいく方法です。

雇用形態から探す

正社員や契約・委託社員やパートやアルバイトなど、雇用形態から仕事を選んでいく方法です。

まとめ

障害者として働く選択肢について、それぞれの働き方の特徴、条件、配慮、探し方について説明をしました。
『凸凹ナビ』を活用して、ご自身の希望の働き方を見つけてみてください。

凹ちゃん

自分に合った働き方を見つけて長く働き続けるためには、就労移行支援事業所で働く準備をすることも大切です。
『凸凹ナビ』では、所在地や特化している障害、特徴やカリキュラムから、自分にぴったりの就労移行支援事業所を探してお問い合わせをすることができます!

就労移行支援事業所をさがす

《この記事の参考にさせてもらった資料》
・川島聡、飯野由里子、西蔵実季、星加良司(2016)『合理的配慮 ~対話が開く、対話が拓く』有斐閣
・厚生労働省「毎月勤労統計調査(平成25年10月)
・厚生労働省「平成25年度 障害者雇用実態調査
・厚生労働省「平成28年特例子会社リスト
・厚生労働省「平成27年度平均工賃(賃金)月額の実績について
・東京都産業労働局雇用就業部就業推進課(2016)「平成28年度版 事業主と雇用支援者のための障害者雇用促進ハンドブック」
・独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構『多様化する特例子会社の経営・雇用管理の現状及び課題の把握・分析に関する調査(2012年3月)
・独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構(2015)「はじめからわかる障害者雇用 事業主のためのQ&A」

凸凹ナビ編集部

凸凹ナビ編集部

凸凹ナビ(でこぼこなび)は、障害や凸凹がある人のための就労支援・情報サイトです。障害者の生活や就労に関するお役立ち情報を、わかりやすくお届けします!

▼会員登録がまだの方

▼凸凹ナビ会員の方


凸凹ナビとは?

凸凹ナビ(でこぼこなび)は、障害や凸凹がある人のための就労支援・情報サイトです。
所在地や特化している障害、特徴やカリキュラムから、自分にぴったりの就労移行支援事業所を探してお問い合わせをすることができます!
また、障害者手帳をお持ちの方や取得をご検討中の方を対象に、就労や生活に関する情報を発信中です。

凸凹情報室 人気記事

凸凹情報室 新着記事

カテゴリから記事を読む