凸凹情報室 - 宇樹 義子の記事一覧 | 障害者の就労支援・情報サイト【凸凹ナビ】

凸凹情報室 -宇樹 義子の記事一覧

宇樹 義子

宇樹 義子

成人発達障害者(高機能自閉症)。30過ぎまで発達障害が発覚しなかったこともあり、思春期から20年ほどもろもろの二次障害に苦しみました。自身の経験をもとに、発達障害者や悩みを抱えた人に向けていろいろと発信中。ライターの仕事のかたわら、個人ブログ「decinormal」を運営。動物が大好き!

高度なコミュニケーションスキルが必要!? 発達障害者が美容院を超ニガテな理由

発達障害あるあるのひとつとして、「美容院がニガテ」があります。 その理由には、美容院では五感への負担が大きい...

障害者として働く

「普通」の外出が死ぬほどつらい! #発達障害あるある 生活編

発達障害者の困りごとについて、今まで仕事の場面を中心にお伝えしてきました。 今回は生活編。発達障害者が主に外...

障害者として働く

情報に圧倒される? 発達障害者の「こだわり」や「コミュニケーション障害」の原因とは

発達障害者がコミュニケーション障害や「こだわり」を抱えているということは、一般にも徐々に認知が広がってきている...

障害者支援を考える

相手を知ればうまくいく! 大人の発達障害者と働くためのおすすめ書籍3冊

職場に発達障害者が入ってきたはいいものの、彼らとうまく一緒に働くためにどんな支援をしたらいいのか、どこからアプ...

障害者支援を考える

知ることでつながろう! 発達障害者特有のコミュニケーション文化とは

職場の発達障害者と接する中で、彼らの一風変わった言動に戸惑いを覚える雇用者・同僚の人は多いでしょう。 実は彼...

障害者支援を考える

障害者支援は異文化コミュニケーション! 支援を成功させるコツ

障害者雇用や支援に関する法律の改定などがあり、障害者支援の現場は大きく動いています。 支援業務に初めて触れ、...

障害者支援を考える

合理的配慮とは? 障害者支援を苦行にしないためのコツ

2014年、日本では「合理的配慮」に関する条項を含む「障害者の権利に関する条約」が発効しました。 また、20...

障害者支援を考える

【特別対談 宇樹×くらげ】ASDとADHDの #発達障害あるある ってどう違う?【生活編】

ASD持ちの宇樹と、友人でADHD&聴覚障害持ちのくらげくんの「発達障害あるある」を比較する特別対談。 前回...

障害者として働く

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)とは? 成人発達障害者が自宅で手軽に取り組むには

発達障害者が就労し、社会適応するための準備のひとつとして、ソーシャル・スキル・トレーニング(以下SST)という...

障害者として働く

【特別対談 宇樹×くらげ】ASDとADHDの #発達障害あるある ってどう違う?【仕事編】

ASDの人とADHDの人は、同じ発達障害でもかなり違った特性を持っていることが多いです。 宇樹のTwitte...

障害者として働く

▼会員登録がまだの方

▼凸凹ナビ会員の方


凸凹ナビとは?

凸凹ナビ(でこぼこなび)は、障害や凸凹がある人のための就労支援・情報サイトです。
所在地や特化している障害、特徴やカリキュラムから、自分にぴったりの就労移行支援事業所を探してお問い合わせをすることができます!
また、障害者手帳をお持ちの方や取得をご検討中の方を対象に、就労や生活に関する情報を発信中です。

凸凹情報室 人気記事

凸凹情報室 新着記事

カテゴリから記事を読む