就労移行支援事業所についてのQ&A | 障害者の就労支援・情報サイト【凸凹ナビ】

就労移行支援事業所についてのQ&A

凸凹ナビ編集部凸凹ナビ編集部

作成日 2017/12/26 更新日2018/01/12 3,084views

就労移行支援事業所の利用方法や料金、対象者、訓練期間、就職先など、よくある質問にお答えします。

よくある質問

就労移行支援事業所について、よくある質問にお答えします。

就労移行支援事業所とはどんなところですか?

障害のあるひとや病気を抱えているひとのための「就職の予備校」のような場所です。
働くために必要な知識や能力を身につけたり、仕事探しのサポートをうけたりすることができます。

>>>就労移行支援事業所についてもっと知りたい

凸ちゃん 笑顔

障害や凸凹がある人のための就労支援・情報サイト『凸凹ナビ』では、就労移行支援事業所を検索して、自分にぴったりの事業所を探してお問い合わせをすることができます!

全国の就労移行支援事業所から探す

どうすれば利用できますか?

就労移行支援事業所ごとに対象にしている障害やカリキュラムの内容が違います。
自宅から通える距離の就労移行支援事業所を探して、資料を取り寄せたり、見学をしたり、体験利用をしたりして、自分に合った事業所を選んでください。

>>>利用の流れについてもっと知りたい

どういうひとが利用していますか?

18歳から65歳未満の、障害のあるひとや病気を抱えているひとが利用することができます。
障害者手帳を持っていない場合にも、医師の診断や自治体の判断で利用できる場合があるので、主治医や自治体の福祉の窓口に相談してください。

>>>対象・利用者についてもっと知りたい

利用料金はいくらですか?

福祉サービスなので、利用料の9割を自治体が負担して、残り1割が自己負担となります。
1回あたりの自己負担額は800~1000円ほどですが、世帯所得などに応じて月ごとの負担額が軽減される制度があるので、多くの方が無料で利用されています。
お金のことに不安を感じている場合には、説明会や見学をしたときに相談してみましょう。

>>>利用料金についてもっと知りたい

どれくらい通えば、就職できますか?

短いひとは1~3ヶ月ほど、長いひとは1年半~2年ほどで就職しています。
企業の採用担当者は、安定して働くことができる人を採用したいと思っているので「就労移行支援事業所に週5日3ヶ月通って訓練をうけました」と示すことができれば、就職活動で有利になる可能性があります。
就労移行支援事業所に通いながら生活リズムを整えて、働くための体力づくりをすることが就職への最短ルートです。

就職先を紹介してもらえますか?

紹介や斡旋はおこなっていませんが、履歴書の添削や面接に同席するなどのサポートをおこなっています。

就職後もサポートをしてもらえますか?

働きはじめた後も「職場定着支援」というサポートをうけることができます。
例えば、就労移行支援事業所のスタッフが職場を訪問をして、仕事の状況や困り事についての話を聞いたり、所属部署の上司や人事担当者との間に入るなどして必要な調整を行ったりしています。

就労支援の専門家

就労移行支援事業所について、さらに詳しいことを知りたいときは以下の記事を御覧ください。

その他の質問

就労移行支援事業所を利用するかどうか迷っていたら、以下の質問と回答も参考にしてください。

就労継続支援A型・B型と就労移行支援は何が違うのでしょうか?

どちらも障害者の就労を支援する福祉サービスですが、目的と内容と条件が異なります。
就労継続支援A型・B型は、障害者が作業所などで働くための「福祉的就労」を提供するサービスです。
就労移行支援は、一般企業の障害者雇用枠などで働くための「就労支援」を提供するサービスです。

就労支援の専門家
働く場所を提供しているのが「就労継続支援」で、働くための訓練を提供しているのが「就労移行支援」です。

就労移行支援は工賃や給与をもらえますか?

原則として工賃や給与はありません。

就労支援の専門家
安定した収入を得るための準備をする場所なので、工賃や給与をもらえる場所ではありません。

昼食代と交通費は自己負担ですか?

原則として昼食代と交通費は自己負担です。
ただし、一部の就労移行支援事業所ではお弁当がでています。
また、交通費に補助金が支給される自治体もあるので、自治体の福祉の窓口に確認しましょう。

就労支援の専門家
就労移行支援事業所を見学したときに「お弁当と交通費は、みなさんどうしていますか?」と聞いてみてください。

就労移行支援に通うことは、就職活動でのアピールポイントになりますか?

障害者雇用に積極的な企業ほど、就労移行支援事業所などの支援機関と繋がりがあることを評価する傾向があります。

就労支援の専門家
「就労移行支援事業所に週5日3ヶ月間通うことができました」という実績を示すことができれば、就職活動で有利に働く可能性があります。

体験利用は何箇所までできますか?

何箇所でも体験利用をすることができます。
複数の就労移行支援事業所で体験利用をして、自分の条件に合った場所を選んでください。

就労支援の専門家
自宅から通える範囲に就労移行支援事業所が複数あるのなら、いくつかの事業所で体験利用をして、見比べてから選ぶことをオススメします。

精神科のデイケアに通いながら、就労移行支援にも通うことはできますか?

デイケアに通いながら就労移行支援事業所に通うこともできます。

就労支援の専門家
主治医の先生やデイケアのスタッフ、就労移行支援事業所のスタッフに相談した上で利用しましょう。

いま通っている就労移行支援事業所を辞めて、別のところに変えることはできますか?

変更することは可能です。
ただし、就労移行支援事業所を利用できるのは2年までと決まっています。
まずは住んでいる自治体の障害福祉の窓口に相談をしましょう。

就労支援の専門家
就労移行支援事業所で過ごす期間は、人生を左右する大事な時間だと思います。
自分にとって最適な選択をしてください!

就労移行支援以外にも障害者が働くための支援機関はありますか?

就労移行支援以外にも、就労支援センターや障害者就業・生活支援センターなどの相談・支援機関があります。

就労支援の専門家
就職の準備を継続してサポートしているのが就労移行支援事業所の特徴です。

まとめ

就労移行支援事業所についての質問にお答えしました。
自分の望む働き方を実現するために、たくさんのひとが就労移行支援事業所に通って、働くための準備をしています。
ぜひお役立てください。

凹ちゃん

就労移行支援事業所探しには、障害や凸凹がある人のための就労支援・情報サイト『凸凹ナビ』を使ってみてください。
所在地や特化している障害、特徴やカリキュラムから、自分にぴったりの事業所を探してお問い合わせをすることができます!

就労移行支援事業所をさがす

凸凹ナビ編集部

凸凹ナビ編集部

凸凹ナビ(でこぼこなび)は、障害や凸凹がある人のための就労支援・情報サイトです。障害者の生活や就労に関するお役立ち情報を、わかりやすくお届けします!

▼会員登録がまだの方

▼凸凹ナビ会員の方


凸凹ナビとは?

凸凹ナビ(でこぼこなび)は、障害や凸凹がある人のための就労支援・情報サイトです。
所在地や特化している障害、特徴やカリキュラムから、自分にぴったりの就労移行支援事業所を探してお問い合わせをすることができます!
また、障害者手帳をお持ちの方や取得をご検討中の方を対象に、就労や生活に関する情報を発信中です。

凸凹情報室 人気記事

凸凹情報室 新着記事

カテゴリから記事を読む